【超簡単!】子どもを肯定する言葉の作り方【ありのままを言葉に】

どうも、るか先生です。

子どもを育てる上でよく言われるのが、「肯定は大事」ですよね。

でも、子どもを肯定することは大事!とはわかっていても、やり方がわからない…。いつも褒めるのも叱るのも上手にできなくて落ち込む〜

 

そんなお悩みにお答えします。

今回は、魔法のように簡単に「肯定文」を作る方法を具体例を交えつつ、お伝えします。

スポンサーリンク

【結論】子どもの行動をそのまま言葉にする

これで超簡単に、誰でも「肯定文」が作れます。

しかも、この方法かなり使えます!

よくわからないから、具体的な内容が知りたい!!

という方のために、例をあげてみます。

褒めるとき叱るとき、どちらにも応用できるので、こちらの2パターンでご紹介します。

褒めるパターン

実は褒めるのって奥が深くてむずかしいです。

でもこの方法を使うと、簡単に上手な褒め方をすることが可能です。

褒め方については、こちらの記事に執筆しているので、お時間のある方は参考にされてください。

【褒め方は人生を左右する】いい褒め方の《2つ》のポイントを解説!
...
こんな褒め方は逆効果!子どもを伸ばす上手な褒め方
...

 

それでは具体例をご紹介します。

【子どもが絵を描いたとき】

絵を見たまんま表現してみましょう!

→いろんな色を使って描けたね。
→お母さんのお顔をよくみて描いてみたんだね。
→形がきれいに描けたね。

 

こんな感じです♪

これって肯定することになるの?

と心配になるかもしれませんが…

「上手だね」というよりも子どもの心にはひびきます。

ありのままを表現して褒めることのメリット

ありのままを表現するのは、とても簡単ですよね。

そのほかにも以下の2つのメリットがあります

 

✔︎ 具体的に褒めることができる

✔︎ 行動自体を肯定することになる

 

下手に「すごい」「上手」と褒めるよりも、

『自分がしたことを認めてもらえた。』
『ありのままを受け入れてもらえた。』

と感じることができるので、自己肯定感が育ちます。

叱るパターン

「叱る」というのも難しく、悩む方が多いのではないでしょうか?

叱るときには【肯定】プラス【ダメな理由】がベストですが、

叱るのに「肯定」ってどうしたらいいの?

と思ってしまいますよね。

そんなときに使えるのが、この方法です。

それでは、こちらも具体例をご紹介します。

【子どもがお店で走り回ったとき】

走っている行為をそのまま言葉にしましょう!

→〇〇ちゃん走りたかったんだね。
→楽しそうなものが見えて走ったのかな?

こんな感じです♪
このように子どもがした行動をそのまま言葉にすることで、簡単に肯定文を作ることができます。
そして、この後にダメな理由や代案をつけ加えてあげれば、上手な叱り方の完成です。

ありのままを表現して叱ることのメリット

こちらには、3つの大きなメリットがあります。

 

✔︎ 子どもの気持ちを考えて話ができるようになる
✔︎ 感情的に怒らなくなる
✔︎ 子どもが話を聞くようになる
いいことしかないですよね。
はじめに肯定してもらえたことで、子どもも話を受け入れやすくなります。
その結果、今後の行動も大きく変わってきますよ!

簡単!効果的!メリットしかない!!

この方法、本当に便利だと思いませんか?笑

普通、言葉を言いかえるのには、頭を常に回転させておかないといけません。

でもこの方法を使うと、魔法のように簡単に「肯定文」が作れるなんて…!

これは使う以外の選択肢はありませんよね♪

 

上手な「褒め方」「叱り方」の入門にもぴったりなので、ぜひ試してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました