「子どもが片付けしない」を解決!保育園でも使っている効果的な方法

何度言っても子どもが片付けをしてくれない…時間がないからつい怒ったりわたしが全部片付けたり、イライラが溜まっていく〜!

子どもって本当に片付けをしないですよね。

散らかすだけ散らかして「ママが片付けて」なんて言われようもんなら怒り爆発…!

日に日にイライラが蓄積されていく…

今回はそんなお悩みの解決をお手伝いします♪

この記事を読んでわかること
・子どもが片付けをしない理由
・保育園でも使ってる!自主的に片付けができる方法
・やめるべき大人の行動
スポンサーリンク

子どもが片付けをしない理由

理由は単純。

「片付けはたのしくないから」です。

片付けって楽しくないですよね

わたしも子どもの気持ち、わかります。

大人でも片付けってめんどくさくないですか?

ご飯をつくるのはいいけど、洗い物がめんどくさい

・旅行から帰ってきたあとの、荷物整理がめんどくさい

 

「お片付けをしたくない」という子どもの気持ちは、これに近いのではないのでしょうか?

そんな気持ちのままだと、

【片付けの必要性】を教えたところで実践にはつながりません。

 

ではどうすればいいのか?

これも簡単。

片付けをたのしくできるように工夫してあげればOKです♪

 

保育園でよく使っている!たのしく片付けをする方法♪

さっそく結論ですが、

片付けも「あそび」にしてあげればいい!

これだけです。

それでは詳しく解説していきます。

一般的によく使われる方法

るか

おもちゃをおうちに戻してあげようね♪よーい、どんっ!!

このような声かけが有効というのは、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

もちろんこの方法は、保育園でも日常的に使っています。

 

ただこれって反応が2パターンあります。

よーし!がんばるぞーっ

となるパターンもあれば

めんどくさい〜!ママがしてよっ

このパターンもあるわけです(笑)

こうなったら、イライラがさらに増してしまいます。

 

でも大丈夫!そんなときの対処法もご紹介します♪

より具体的に、声をかけてみましょう

わたしが保育園で日常的に使っていた方法です。

「片付けが苦手」「気持ちの切り替えが苦手」

という子には、かなり効果的です。

片付けるおもちゃを指定する方法

例えば、こんな感じです。

るか

青のブロックたくさん集めてこれるかな?

たったこれだけで、やる気スイッチが入ることあるんです!

散らばっているおもちゃを片付ける、となると

果てしなく感じて「めんどくさい」という気持ちになってしまいます。

でも特定の色や形を指定してあげることで

「それを探すことがたのしい!」という遊びのような感覚になります。

 

《簡易版・宝探しゲーム》みたいなイメージで指定していました!

数を指定する方法

これは数を覚えてきた子どもに、有効です。

例えば、こんな感じです。

るか

おもちゃ「10個」もってこれるかな?

集めたら先生と答え合わせしようね!

これは時間があるとき限定になりますが、

指定した数のおもちゃをもってきたら一緒に数えながら、おもちゃ箱に入れてあげます。

そして

「次は、丸のブロックを7個もってきてみて!」

などと言ったようにアレンジしてお願いしていくと、いつの間にか片付けが終わってしまいます♪

片付けも終わるし、数の勉強にもなるし、一石二鳥です。

いますぐやめるべき大人の行動

大人の行動次第では、いつまで経っても自主的な片付けが身につきません。

親が片付てしまう

「時間もないし」「まだ幼いし」「怒りたくないし」

こういった理由で、つい自分で片付けてしまうことあると思います。

でも子どもはかしこいので、自分が使ったものを親が片付けているのをみると、こう思います。

 

わたしがしなくても、ママがしてくれるんだ♪

なので自分で片付けることをいつまでも学ばないのです。

 

子どもがまだ片付けに慣れていない時期に、手伝うことは大丈夫です。

でも親が1人でするのではなく、必ず子どもも片付けに参加させるようにしましょう!

怒ってしまう

「なかなか片付けをしてくれない」

「まだ遊びたいと強く主張される」

こんなことが続くと、ついイラッとして怒ってしまうことありますよね。

でも怒ってしまうと

たのしくないし、おこられるし、おかたづけキライ!

こうなってしまいます。

そしてさらに片付けをする気持ちが遠のいてしまうことに…

イラッとすることはありますが、ぐっとこらえて対応しましょう。

一時的なイラっを我慢することで、今後のイライラが確実に減っていきますよ。

散らかしたままにしてしまう

「子どもが片付けるまでこのままにしておこう」

「どうせすぐ汚されるし、もうしーらない」

「おかたづけは…また後でにしよう」

と思って散らかったままにしてしまいたい気持ち、よくわかります。

でもこうすると子どもは

おもちゃがたくさんでてるのは、ふつうなんだ♪

すぐに、おかたづけしなくてもいいんだ!

こんなふうに感じるようになります。

周りの環境は本当に大事です。

間違った習慣が身についてしまわないように、「出したら片付ける」を親も習慣にしましょう。

片付けはたのしく習慣化をめざしましょう

大人でも子どもでも片付けはめんどくさいですよね。

だからこそ、今のうちからしっかり片付ける習慣を身につけることは大事です。

習慣化は「幼いころが勝負!」ですよ。

片付けることが当たり前になるように、

今回ご紹介したような方法を試しつつ、習慣化できるようにサポートしてあげましょう♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました